1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

エコムーバーグローバルグループのエコムーバーグローバルJAPAN株式会社 代表取締役社長 吉田典弘のインタビュー記事がTVホスピタル関西版にて掲載されました。
次亜塩素酸水にまつわる誤解や安全に使用するためのヒントが掲載されています。

Q.今回問題になっている空間噴霧とはどのようなことをさすのでしょうか?
空気に浮遊しているウイルスや菌は空気の入れ替えで排除します。

床面や手の振れる場所に非常に多い付着菌を少なくするために行うのが空間噴霧です。

超音波加湿器などで次亜塩素酸水を噴霧し、吹き上がった微細粒子が空間を漂い除菌作用を発揮しながら重力によって落ちてきます。

噴霧する際は濃度を制御・管理しなければなりません。

次亜塩素酸の安全性を示す代替指標は塩素ガスの濃度です。

労働安全衛生法の基準および日本産業衛生学会による許容濃度が0・5ppm(500ppb)と定められ、この基準を超えない噴霧が安全とされています。

≫≫【インタビュー エコムーバーグローバルJAPAN株式会社 代表取締役社長 吉田典弘】 安全な除菌水と空間噴霧の条件とは

関連記事