1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

医学博士 中原英臣さんとエコムーバーグローバルグループの株式会社インフィニット 代表取締役 佐藤佑磨さんの対談記事がTVホスピタルにて掲載されました。

新型コロナウイルス対策としてマスクをしてアルコールで手を除菌していればよいとばかりに報道していますが、私は流行の最初の頃からTVや雑誌の取材に出演する度に、使い捨ての手袋を推奨しています。

しかし、こういった大切なことが繰り返し報道されることはありません。

次亜塩素酸水も同様の扱いをされ、アルコールではウイルスや細菌を除去出来ないところにまで、広く使用することが出来るのに、積極的には報道されていませんね。

公衆衛生は、国民に正しく教えることが重要なのです。

>>【医学博士 中原英臣氏対談 】 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

関連記事