1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

概要

次亜塩素酸水ってどんな殺菌水?

次亜塩素酸水は、一定の割合で有効塩素が含まれる酸性電解水です。厚生労働省は、次亜塩素酸水の定義について、有効塩素濃度10~80ppm(1ppm=100万分の1%)の範囲と定義しています。最大有効塩素濃度の場合も、次亜塩素酸水に含まれる塩素の割合は10万分の8%とごくわずかであり、人体への影響はほとんどないと考えられています。

また、次亜塩素酸水の酸性度は、製品によって異なるものの、一般的に家庭で除菌・抗菌剤として使われているのは、pH5.0~6.5と酸性度の低い弱酸性次亜塩素酸水です。このため、規定の濃度であれば、皮膚に触れても悪影響はほとんどないとされています。

次亜塩素酸水
有効塩素濃度 pH
10〜80ppm 5.0〜6.5

次亜塩素酸水は、「残留性が極めて少ない」「人体への影響がほとんどない」などの理由から食品添加物としても幅広く使われているのです。

また、食品加工工場だけでなく、医療機関、福祉施設、衛生施設など、高い安全性が求められる場所において、業界を問わず広く愛用されています。

次亜塩素酸水の使用用途
一般家庭
室内における空間殺菌、手の除菌、生ごみやトイレの除菌・消臭、衣類の除菌・消臭
飲食店
調理場・調理器具等の除菌・消臭、調理に人・スタッフの手指の除菌、客席などの店内設備の除菌・消臭
病院施設
医療器具等の洗浄・除菌・消毒、室内の空間殺菌、院内感染の予防
食品工場
工場内の浮遊菌や落下菌の除菌、食材の除菌・消臭
ごみ処理施設
職場の消臭、衛生管理、ごみから発生する悪臭の消臭
ペットショップ
器具等の除菌・消臭、ゲージ等の除菌・消臭

成分

次亜塩素酸水に含まれる酸

次亜塩素酸水に含まれる次亜塩素酸は、酸素を含む無機酸の一種で、別名オキソ酸とも呼ばれています。オキソ酸は、他に亜塩素酸、塩素酸、過塩素酸などがありますが、これらの物質は、名前が似ていますが性質も用途も異なっているのです。

なお、日本では、○○酸という化合物より酸化数が低い物に対して、次亜○○酸、亜○○酸という接頭語をつけ、酸化数が高い物には、過○○酸という接頭語をつけます。

酸化数 名称
+7 過塩素酸
+5 塩素酸
+3 亜塩素酸
+1 次亜塩素酸
次亜塩素酸 亜塩素酸
HClO HClO2
殺菌・除菌剤、食品添加物など 漂白剤、酸化剤など
塩素酸 過塩素酸
HClO3 HClO4
火薬の原料、携帯酸素発生器など 試薬など

※表組内の画像はWikipediaより引用