1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

高い殺菌力

次亜塩素酸水は
次亜塩素酸ナトリウム液と
同程度以上の高い殺菌力がある

次亜塩素酸水(40ppm)と次亜塩素酸ナトリウム液(1,000ppm)の殺菌効果を調べたところ、次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウム液と同等以上の殺菌力やウイルスの不活化効果(ウイルスが感染力を失った状態)があることが確認されています。

とくに、インフルエンザウイルスに対しては、次亜塩素酸水のほうが、次亜塩素酸ナトリウム液より不活化効果が高いことがわかりました。さらに、次亜塩素酸水は、黒カビ、青カビなどの菌に対しても殺菌効果があるとわかりました。

これらの結果から、弱酸性次亜塩素酸水は、塩素系漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウム液と比べ、優れた殺菌力やウイルスの不活化効果があるといえます。

また、下記図のように除菌力は、水溶液に含まれる「次亜塩素酸HCIO」の残存率に比例します。濃度(ppm)が高くても次亜塩素酸の残存率が低いと、除菌力は期待できません。

アルコール消毒と比較

次亜塩素酸水は
アルコール消毒と同程度以上の
殺菌効果が得られる

一般的に消毒や殺菌に使われるアルコール(エタノールなど)は、高い殺菌効果があるものの、ノロウイルスなど一部のウイルスに対しては効果がありません。

アルコールは、火気周辺での使用厳禁など、使う場所に制限があり、成分が揮発したアルコール消毒剤は、濃度が低下して十分な殺菌効果が得られません。さらにアルコールは、たんぱく質や皮脂を分解する働きがあるうえに刺激が強いため、肌荒れしやすいです。

これに対し、弱酸性の次亜塩素酸水は、皮膚に近い弱酸性で肌に優しいうえに、ノロウイルスなどに対する殺菌効果も確認されています。さらに、他の菌やウイルスに対してもアルコールと同程度以上の効果があることがわかっているのです。

次亜塩素酸水は、火を使うことが多い台所でも使え、小さなお子さんがいる方やアルコールアレルギーをお持ちの方などにもやさしい、利便性に富んだ高殺菌水なのです。