1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

NaClOとは別物

次亜塩素酸水と
次亜塩素酸ナトリウム水溶液は
全く別のものである

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、名前が似ていますが性質は大きく違います。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、塩素系漂白剤などに使われる強アルカリ性(pH11以上)の液体です。また、液が体内に入ったり、皮膚や粘膜に付着すると健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

次亜塩素酸水 次亜塩素酸
ナトリウム水溶液
化学式 HCIO NaClO
pH 5.0〜6.5
弱酸性
12以上
強アルカリ性
除菌力 ★★★★★ ★★★
臭い 無臭
反応時に塩素臭
強い塩素臭
長期保存 ×
人体影響 ほぼない 有害

また、次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、菌やウイルスを除菌するときに、強い塩素臭がします。さらに、除菌後も食器などの表面に有害成分が残るため、水で洗い流すことが必要です。

殺菌の特性

次亜塩素酸水は菌やウイルスを
素早く分解する時短殺菌水

次亜塩素酸水はpHが異なりますが、弱酸性次亜塩素酸水はpH5.0から6.5と肌のpHに近い弱酸性です。また、次亜塩素酸水が、菌やウイルスと反応して除菌するスピードは、次亜塩素酸ナトリウムの約1/80と大変速いのも大きな特長です。

次亜塩素酸水は、菌やウイルスと反応すると、菌やウイルス中のたんぱく質を速やかに分解し、水と無毒無臭の有機物に変わります。使用後も塩素臭が残らないため、殺菌後の二度吹きや食器のすすぎ直しなども省略することができます。次亜塩素酸水は、菌やウイルスをいち早く分解するだけでなく手間も省ける時短殺菌水なのです。