1. 新型コロナウイルス禍における現代の公衆衛生の在り方とは

  2. 【宮崎大学】低濃度の弱酸性次亜塩素酸水でも新型コロナウイルスに対して有効

  3. TVホスピタルにインタビュー記事が掲載されました

  4. 新型コロナウイルスに対する各所の見解(2020年6月)

  5. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【後編】

  6. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【中編】

  7. 新型コロナウイルス対策に次亜塩素酸水は有効【前編】

  1. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  2. 全客室や通路などに次亜塩素酸水の噴霧器を設置

  3. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  4. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

空間噴霧

次亜塩素酸水は室内に噴霧しても大丈夫!?

次亜塩素酸水は、菌やウイルスと反応して、水と無害無臭の有機物に変化します。さらに、不快臭の元となるたんぱく質やアミノ酸も分解するので、臭いも気にならないのです。次亜塩素酸水に含まれる次亜塩素酸は、空気中にほとんど残らないので、屋内で噴霧しても健康に悪影響を及ぼす可能性は極めて低いとされています。このため、規定濃度が保たれた弱酸性次亜塩素水であれば、屋内で噴霧してもほとんど問題がないという見解が一般的です。

なお、塩素系漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウム液を薄めて散布するのは危険ですので、行わないでください。霧状の次亜塩素酸ナトリウム液を吸い込むと、せき込んだり、呼吸器に異常をきたす恐れがあります。